​Profile

細田 詩織

 山梨県出身。3歳よりピアノを始める。
山梨県立甲府西高等学校、桐朋学園大学音楽学部音楽科ピアノ専攻を経て、洗足学園音楽大学大学院ピアノ専攻を修了。2016年より英国王立音楽院(Royal Academy of Music)修士課程ピアノ伴奏科に留学。2018年、Dip RAM、Daniel Kelly Prize、及び2017-18 Evelyn German Prize for Piano Accompanimentを授与され、首席で修士課程を修了。これまでにピアノを細田千恵子、串戸悦子、杉本安子、岡本美智子、迫昭嘉、Andrew Westの各氏に師事。また室内楽をMichael Dussek氏に、ソルフェージュを名取久子氏に師事。
 2018年、声楽コンクールRichard Lewis/Jean Shanks Awardにて、伴奏部門Brenda Webb Award for Accompaniment優勝。その他に伴奏ピアニストとして、Major Van Someren-Godfrey Prize for English Song、Dean and Chadlington Singing Competition 2018、Young Musicians Awards in Portugalなどで優勝者や特別賞受賞者を輩出。ソリストとしては2011年やまなし県民文化祭音楽祭にて、やまなし県民文化祭賞(最高賞)を受賞。2014年北ロンドンピアノスクール(イギリス)に参加、優秀賞を受賞し記念コンサートに出演。同年スポレート国際コンクール(イタリア)カテゴリーF部門第2位。
 RAM在学中にロンドン、ウィグモア・ホールを始めとする各地での演奏会や音楽祭に出演。アカデミーによる歌曲プロジェクト(Song Circle)のメンバーに抜擢され、バッキンガム宮殿での演奏会等で伴奏を務める。声楽以外にも、ヴァイオリンやクラリネット、ハープ等器楽との共演、連弾や二台ピアノ、作曲家の初演演奏など多岐にわたる活動を積極的に行っている。また2018年3月、留学当初からのデュオ・パートナーであるNatasha Page (ソプラノ)との演奏が、BBCラジオにて放送される。
2017年、International Summer Academy of the Mozarteum University Salzburg にて、Hartmut Höllのマスタークラスを受講。また2018年、Leeds Lieder Young Artist及びBritten-Pears Young Artist として、マスタークラスやリサイタルにて演奏。
2014年より自身のリサイタルシリーズ『詩ものがたり』をスタート。ソロだけでなくゲストアーティストとのアンサンブルや朗読とのコラボレーションを披露し好評を博す。
 これまでに甲府西高校音楽部、東京歯科大学OB合唱団など合唱の伴奏を務めるほか、声楽や器楽とのアンサンブルに積極に取り組み、数多くの演奏会に出演。
イギリス留学からの帰国後2019年に、20年以上続く母細田千恵子の主宰するピアノ教室を引継ぎ、
教室名を『細田詩織Smileピアノ教室』に改名。演奏活動の傍、後進の指導に力を入れている。
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Instagram Icon

©Shiori Hosoda Piano.